大人ニキビは思春期ニキビと同じですか?

大人ニキビは思春期ニキビと同じですか?

大人ニキビと思春期ニキビ、両方とも同じニキビですが、ニキビができる“原因”に違いがあります。

ただでさえデリケートな思春期の心を悩ますニキビ…。

気になって毎日鏡とにらめっこをした記憶のある方もいらっしゃることでしょう。

思春期になると、男女を問わず成長ホルモンが盛んに分泌されるようになります。

男性ホルモンと黄体ホルモンのはたらきにより、皮脂活動が活発化し、過剰に分泌された皮脂が原因となって

ニキビができやすくなります。

過剰な皮脂分泌でニキビができるのは困ったものですが、成長ホルモンには身長を伸ばしたり筋肉をつくる

といった重要な役目がありますから、この時期に欠かせないものです。

思春期ニキビは、特に皮脂分泌が盛んになる春夏にできやすく、Tゾーンや頬、顎を通って両耳を結ぶUゾーン

などにできやすくなっています。

思春期ニキビは、正しい洗顔方法で清潔に保てば、跡を残さないで治すことができます。過剰な洗顔は必要な

皮脂まで失ってしまい、皮膚の乾燥を招いて、かえって肌の状態を悪化させてしまうので注意が必要です。


一方の大人ニキビの場合、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、加齢によるターンオーバーの不調、生活習慣、

紫外線など、さまざまな原因が考えられます。顎、口の周り、首にできやすいという特徴があり、治ったかと思うと

またできるということを一年中繰り返すことが多いようです。

大人ニキビを治すには、ストレスをためない、生活習慣や食生活の見直し、ターンオーバーを正常に戻すケアなど

の工夫が必要になります。内臓疾患や便秘が原因になっていることもありますから、原因をつきとめて根本から

解決するようにしましょう。

大人ニキビそろそろ治しませんか?メニュー