ニキビが出来にくくなる食べ物は?

ニキビが出来にくくなる食べ物は?

皮膚の新陳代謝が正常におこなわれ、お肌が健康な状態を保っていれば、ニキビなどの肌トラブルを避けることが

できますし、もしニキビができても早く回復させることができます。

すこやかで美しいお肌のために、食生活に気を配り、体の内側からケアするようにしましょう。

皮脂の過剰分泌はニキビができるもとですから、油ものや甘いものの摂り過ぎは禁物です。

でも、まったく摂らないと体に必要な栄養素まで不足するおそれがありますから、体内に摂りこんだ油脂をうまく

分解する工夫をすれば良いのです。

体内に摂りこまれた油脂を分解するはたらきをするのがビタミンB6で、ビタミンB1・B2は皮脂の過剰分泌を

抑えてくれます。皮膚の免疫機能維持に欠かせないビタミンA、美肌のもとになるコラーゲン生成を助ける

ビタミンC、お肌に必要な栄養素を運んでくれるミネラルとともに、毎日、積極的に摂取しましょう。

便秘になると、体内で腐敗した便から毒素が発生してお肌にも悪影響を与えるため、ニキビもできやすくなります。

便秘を改善して体調を整えるためにも、意識的に食物繊維を摂るようにしましょう。


   ●ビタミンB6…マグロ、カツオ、レバー、豆腐、納豆、バナナなど
   ●ビタミンB1…豚肉、レバー、豆類、玄米など
   ●ビタミンB2…ウナギ、レバー、卵、干ししいたけ等の乾物、納豆、牛乳など
   ●ビタミンA…ニンジンやホウレンソウ等の緑黄色野菜、海藻類、ウナギなど
   ●ビタミンC…野菜や果物
   ●ミネラル…カキ、レバー、緑黄色野菜、大豆製品、牛乳、海藻類など
   ●食物繊維…野菜類、海藻類、キノコ類、果物など

大人ニキビそろそろ治しませんか?メニュー