大人になってもニキビになるのは何故ですか?

大人になってもニキビになるのは何故ですか?

思春期にできるニキビには「過剰な皮脂分泌」というわかりやすい理由がありますから、正しい洗顔法を続けることで

ある程度防ぐことができます。ですが、大人になってからできるニキビにはいくつかの原因があり、複数の原因が

重なることで対処が難しくなっています。

【ターンオーバーの機能低下】

約28日周期で新陳代謝され、新しいお肌に生まれ変わることを「ターンオーバー」といいます。加齢とともに代謝速度
が落ちてくると、なかなか古い角質がはがれ落ちなくなり、毛穴をふさぐことで炎症をおこします。

【紫外線】

乾燥すると水分のない古い角質が重なって毛穴をふさぎ、結果的にニキビができやすくなります。
そのため、お肌を乾燥させる紫外線は、大人ニキビができる最大の外的要因と言われています。

【ストレス、ホルモンバランス】

過度のストレスによるホルモンバランスの乱れはお肌に大きなダメージを与え、生理前には黄体ホルモンにより
ニキビができやすくなります。生理周期を把握し、ストレスや刺激を与えないように気をつけましょう。

【生活習慣】

睡眠不足は体やお肌に大きな負担がかかり、大人ニキビや肌荒れの原因になります。不規則な生活や食生活の
乱れ、タバコも原因になりますから、大人ニキビが気になるときには、一度生活を見直してみると良いでしょう。

【化粧品、シャンプーなど】

肌質に合わないスキンケア、油分の多い化粧品、化粧を落とさずに眠る、洗顔料やシャンプーのすすぎ残しなどで
毛穴をつまらせることも大人ニキビの原因になります。

大人ニキビそろそろ治しませんか?メニュー